忍者ブログ
カウンター


カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ジャパネット!!
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
これなんてどうよ?
自分の身は自分で守りな!
アフェリエイトサイト
買い物はお得に買え!
たまにはお外で・・・
The 九州
旅行は安くが基本!
よ~く考えよう~♪
PCは買うか?作るか?
パソコン工房
マウスコンピューター/G-Tune
デル株式会社
エプソンダイレクト株式会社
今やDVDはネットで借りる時代
アマゾン
ビッダーズ
楽天
楽天で探す
楽天市場
セブンイレブン
セブンアンドワイ セブンドリーム・ドットコム
ググレカス
ブログ内検索
[450]  [449]  [448]  [447]  [446]  [445]  [444]  [443]  [442]  [441]  [440
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は日本メディア発の北朝鮮ネタで。↓
古代文明:北朝鮮「平壌にも」と主張 民主朝鮮に掲載(毎日)

「世界最初の古代文明は古代朝鮮を加えた五大文明」。北朝鮮の内閣機関紙「民主朝鮮」
はこのほど、平壌を流れる大同江流域に5000年前、古代文明が栄えたことが
立証された、との記事を掲載した。

ラヂオプレスによると、同紙は今月17日付記事で、同流域に星座が刻まれた支石墓や
青銅製の装飾品などが数多く出土していることを紹介。エジプト、メソポタミア、インダス、
黄河の世界四大文明に匹敵する「大同江文化」が栄えたという説を提起した。

同紙は「大同江文化」を歴史発展の法則に沿って創造された「独自的かつ優秀な古代
文化」と位置づけている。核や金融制裁などの問題で国際的に孤立する中、北朝鮮政府
は国内の求心力を強める狙いがあるとみられる。


>>平壌を流れる大同江流域に5000年前、古代文明が栄えたことが立証された、との
記事を掲載した。


おぉ〜!! これが朝鮮半島得意の半万年(5000年)の歴史ですね?
確か2002年のワールドカップの開会式でも、金大中大統領が声高々にホルホルして
おりましたな。しかし、最近韓国では更に4000年伸びて9000年の歴史と喚き散らして
おります。

>>同流域に星座が刻まれた支石墓や青銅製の装飾品などが数多く出土していることを
紹介。エジプト、メソポタミア、インダス、黄河の世界四大文明に匹敵する「大同江文化」が
栄えたという説を提起した。


ただ単に黄河文明が朝鮮半島まで分布していただけじゃないのか?
まぁ、第5の文化説を唱える分にはまだ可愛い方だ。しかしお隣の国、韓国では・・・・

4大文明は韓国が起源ニダ<丶`∀´>

こうやって歴史を次々とクリエイトする朝鮮半島。
国家レベルでこういったアホな事が言える南北朝鮮とは、いつまで経っても歴史問題が
片付く訳が無い。

読んだらとにかく押しとくれ!!→人気blogランキング
ついでにコチラもポチっとな〜→ブログランキングranQ
貴方のクリックが私の生き甲斐→週刊ブログランキング

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
あきれた・・・
「神の国」発言にとやかく言われたくないなぁ。
まぁ、あれは言う人が問題だったと言うのもありますが。
ゆうすけサタンマリア URL 2006/01/29(Sun)02:44:14 編集
無題
エジプトとかを匹敵されたみたい…
BlogPetのバター犬 URL 2006/01/29(Sun)10:25:07 編集
無題
う〜む、おもしろい(笑)
独自の文字体系すらないエリアに四大文明並の文明があったとは(笑)
だったら調査させてみてほしいもんだ。ていうか、同位元素での年代調査くらい自国でやって公表してみろといいたいですね。そのデータも偽物だろうけどね。人骨すら、ニセモノを出す国ですから。
というより、既に四大文明という考え方自体が古いということに取り残されている彼らは気付いていない(笑)
pixy天邪鬼 URL 2006/01/29(Sun)15:32:16 編集
無題
コメントありがとうございます

ゆうすけサタンマリアさん
>>まぁ、あれは言う人が問題だったと言うのもありますが。

未だにトンチンカンな事言ってますよねW

pixy天邪鬼さん
あの半島が何を言っても信じられませんな〜W
どうせ国内ホルホルニュースなんでしょうけどね。
sealteam URL 2006/01/31(Tue)23:25:10 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]