忍者ブログ
カウンター


カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ジャパネット!!
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
これなんてどうよ?
自分の身は自分で守りな!
アフェリエイトサイト
買い物はお得に買え!
たまにはお外で・・・
The 九州
旅行は安くが基本!
よ~く考えよう~♪
PCは買うか?作るか?
パソコン工房
マウスコンピューター/G-Tune
デル株式会社
エプソンダイレクト株式会社
今やDVDはネットで借りる時代
アマゾン
ビッダーズ
楽天
楽天で探す
楽天市場
セブンイレブン
セブンアンドワイ セブンドリーム・ドットコム
ググレカス
ブログ内検索
[270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

北朝鮮、6カ国協議に来月復帰も・金総書記が表明

北朝鮮の金正日総書記は17日、南北首脳会談から5周年の記念行事出席のため
平壌を訪問した韓国の鄭東泳(チョン・ドンヨン)統一相と会談し、核問題を中心に協議
した。鄭統一相によると、金総書記は席上、「米国が(北朝鮮を)相手として認め、尊重
すれば7月中にも6カ国協議に復帰することができる」と述べ、ブッシュ米政権の姿勢
変化を前提に協議復帰の意思を表明した。鄭統一相が同日夜、平壌訪問を終えて
ソウル到着後に記者会見し、会談結果を明らかにした。それによると、金総書記は
「朝鮮半島の非核化は有効だ」と述べ、「北朝鮮は6カ国協議を1回も拒否したり、放棄
したことがない」と言明した。金総書記は「米国が我々を無視しているから対立する」
と不満を表明。6カ国協議への復帰問題には「米国とのさらなる協議が必要だ」と付け
加え、米国の対応を注視する考えを示した。


先日行なわれた、将軍様と鄭統一相との会談での将軍様の発言だ。この事は、
もちろん韓国のメディアでも大々的に伝えている。

将軍様!言ってる事がムチャクチャでありますぞ!
「北朝鮮は6カ国協議を1回も拒否したり、放棄したことがない」
アメリカが相手にしてくれないから拒否ってるって言ってるじゃん>>「米国が(北朝鮮を)
相手として認め、尊重すれば7月中にも6カ国協議に復帰することができる」

まぁ今回の将軍様の発言は、ブラフとしか言い様がないでしょうな。これは完全に韓国
へのリップサービスだろう。だって、↓
金総書記、韓国統一相に食糧支援を直接要請・韓国紙
韓国夕刊紙・文化日報は18日付で、北朝鮮の金正日総書記が17日に平壌で韓国の
鄭東泳統一相と会談した際、食糧支援を直接要請したと報じた。韓国政府当局者の
話として伝えた。北朝鮮の「労働新聞」は18日付で、17日の会談を1面トップで掲載
した。朝鮮中央通信の報道を朝鮮通信(東京)が伝えた。


食料せびってるし。(笑)そして、北もアメリカが復帰条件を飲むとは思っていない
だろう。もし、条件を飲めば北にとっては儲けモン。ハナから出る気は毛頭無しという
事だ。いつまでも駄々をこねると言う訳だ。北朝鮮には有るかどうかは分からないが、
韓国には「泣く子は餅を一つ余計もらえる。」 という諺がある。読んで字の如く、駄々を
こねれば得をするという事だ。これで何か気付く事はないでしょうか?そう、韓国や
北朝鮮の外交そのものだ。
いや、民族性と言っても良い。今まで日本に対する外交は
コレで譲歩を勝ち取ってきているし、これからも同じであろう。だが、最近の日本は
難癖付けて駄々をこねても譲歩してくれない。ましてやアメリカには通用しないのだ。
早速アメリカからのコメントが・・・↓
対北朝鮮、復帰の条件交渉には応じず・米政府
「我々は(北朝鮮の)協議復帰へのいかなる前提条件も受け入れない」

流石アメリカ様は分かってらっしゃる。その内向こうから擦り寄って来るのも計算済
でしょう。だってそういう民族性ですから。(笑)
まぁ、これで早速北朝鮮も火病を起こすでしょうな。6カ国協議が先か、安保理付託が
先か、はたまたアメリカの先制攻撃が先か。これからが見物である。


話が変るが、「泣く子は餅を一つ余計もらえる。」というように、韓国には面白い諺が
有る。
「女は三日殴らないと狐になる。」  「他人の牛が逃げ回るのは見ものだ。」
「他人の家の火事見物をしない君子はいない。」  「弟の死は肥やし。」
「梨の腐ったのは娘にやり、栗の腐ったのは嫁にやる。」
「母親を売って友達を買う。」 「営門で頬を打たれ、家に帰って女房を殴る。」
「姑への腹立ち紛れに犬の腹をける。」
「あんな奴は生まずにカボチャでも生んでおけば、煮て食べられたものを。」
「人が自分にそむくなら、むしろ自分が先にそむいてやる。」
「家と女房は手入れ次第。」「一緒に井戸を掘り、一人で飲む。」
「野生のまくわ瓜は、最初に独り占めした物が持ち主だ。」
「らい病患者の鼻の穴に差し込まれたにんにくの種もほじくって食べる。」
「自分の食えない飯なら灰でも入れてやる。」 「川に落ちた犬は、棒で叩け。」


読んでるだけで、あの民族性が分かってしまう。(笑) 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]