忍者ブログ
カウンター


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ジャパネット!!
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
これなんてどうよ?
自分の身は自分で守りな!
アフェリエイトサイト
買い物はお得に買え!
たまにはお外で・・・
The 九州
旅行は安くが基本!
よ~く考えよう~♪
PCは買うか?作るか?
パソコン工房
マウスコンピューター/G-Tune
デル株式会社
エプソンダイレクト株式会社
今やDVDはネットで借りる時代
アマゾン
ビッダーズ
楽天
楽天で探す
楽天市場
セブンイレブン
セブンアンドワイ セブンドリーム・ドットコム
ググレカス
ブログ内検索
[418]  [417]  [416]  [415]  [414]  [413]  [412]  [411]  [410]  [409]  [408
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日のお題はコチラ↓
日本よアジアに帰れ(中央日報)

今回は記事が長いので突っ込みながら紹介したいと思う。

日本では新しい内閣がスタートするとき、コメディーの一部かというような演出が
なされる。首相と大臣たちが日本人の体格にほとんど似合わないモーニングコートを
着て首相官邸階段で記念撮影をする姿だ。


国全体が吉本新喜劇のような爆笑国家に言われてもね。APECの時に各国首脳に
無理やりチョゴリ着させるよりはマシだと思うんだが・・・

服装のカジュアル化を迎え、欧州からもほとんど消えたモーニングの貴族趣向を明治
維新以来今日まで内閣が固守していることから、日本人の西洋崇拝の断面が伺える。
モーニングを着た大臣たちと小泉純一郎政府のアジア軽視政策を見れば、日本は
まだ「アジアを離れて欧州の仲間入りを」と言った福沢諭吉の脱亜入欧論のままだ。


こじつけのように脱亜に話を持っていこうとする魂胆がミエミエです。
西洋崇拝をし、近代化したからこそ日本は他国の侵略を受けなかったのだ。
明治、大正の時代、朝鮮半島はどうだったのよ?
中国、ロシアに蹂躙されまくってましたよね?

近代日本最高の啓蒙思想家として今も1万円券紙幣にその肖像画を残している
福沢諭吉は1884年、彼が支援した金玉均(キム・オッキュン)ら朝鮮開化派の甲申年
クーデターが失敗すると1885年、時事新報に脱亜論という社説を書いた。
彼は言った。「日本は朝鮮と中国の開明を待って一緒にアジアを興す余裕はない。
日本は彼らとは別れて西洋の文明国たちと進退をともにしなければならない。
悪い友達と付き合えばともに汚名を避けることができない。私たちはアジアの悪い
友達を謝絶しなければならない」


その二国の体たらくぶりに、日本はロシアと戦争するハメに・・・

彼はまた、日清戦争を文明(日本)と野蛮(中国)の戦争だと言った。福沢諭吉は
みすぼらしい知人を遠ざけるように朝鮮と中国を相手にせず、ひたすら西洋の思想と
文物を受け入れ、日本を近代化しようと促した。その時代の日本のためには、彼の
処方は正しかった。


ってことは、日韓併合も正しかったと言う訳か?

それから120年の歳月が経った。国際化を迎え、社会、経済、文化的な国境が消え
同じ文化コードが韓国と日本と中国を含む世界のほとんどすべての国を貫く時代だ。
株式取引をソウルとニューヨークと東京とロンドンでリアルタイムで同時に成り立つ。
そして韓国と中国は日本より悪い友達でもなく、みすぼらしい境遇でもない。


宗主国とその属国w

それにもかかわらず小泉の意識の進化は19世紀後半の日本を熱狂させた福沢諭吉
の脱亜論段階にとどまっているのか。


何をやってあげても謝罪賠償とうるさいから。

政府の外でもそのような兆しが感じられる。昨年の春、北京で韓国、中国、日本の
国連協会代表たちが集まってフォーラムを開いた。テーマは国連改革だったが、
話題の焦点は日本の国連安保理常任理事国選出問題だった。ベテラン外交官出身で
ある日本首席代表は韓国と中国が日本の安保理進出をいくら反対しても日本は予定
通り安保理常任理事国になると言い切った。アフリカ多数国家と米国の支持を信じた
ようだ。脱亜にとどまっても、世界の指導国になることができるという態度だった。
第2次世界大戦以後、日本の入欧は入米に変わった。しかし脱亜はまだ隔世遺伝的
に外国を見る日本人たちの認識と態度に現れるようだ。でなければ韓日関係と日中
関係に悪材になるのがわかりきった靖国神社参拝を、あのように執拗に強行する
小泉首相の行動を説明する手段がない。

あの〜、脱亜と靖国って何か関係あるんですかい?

日本国民の多数が神社参拝が日本のアジア外交に及ぶ悪影響を心配していることを
見れば、有権者たちの表を得るためだからという説明も説得力がない。民族主義と
しても説明できない。

国民が靖国参拝を支持したから有権者の表が得られたんだろ。

小泉首相は米国のペットという嘲弄を受けるほど、親米的だ。

つ【鏡】<`∀´;>
中国の犬、北朝鮮の傀儡が言うか?

一言で強者に弱く、弱者に強い卑しい姿勢だ。

朝鮮半島と大陸そのものだね。w

日本がアジアを離れて西洋を徘徊する間、アジアで日本の居場所は減るほかない。
中国の胡錦涛国家主席は、靖国紛争以後、小泉首相をまったく相手にしない。
韓国は必要な場合にだけ首脳と外相に会うという立場だ。政経分離によって外交的な
対立が経済的な取引には大きな影響を与えないといえども、国際関係で経済が全て
ではない。


アジアって日本を含めて4国しか無いんでしょうか?いつからそんなに狭くなった?

日本はアジア国家としてのアイデンティティを取り戻すときだ。グローバル時代に
脱米と脱欧はありえない。


韓国は急速に脱米してるじゃないの。w
大体アジアのアイデンティティとは何なのでしょう?中華思想及び小中華思想ですか?

しかし日本が時代錯誤的な福沢信仰にしばられてアジアからそっぽを向けば、
高い対価を支払う日が来るだろう。


日本に宣戦布告でもするか?日本を本気で怒らせて高い対価を払うのはどっちかと
言うのを韓国と中国はよく知ってる筈だがな。

老婆心とでも言うんでしょうか、長々と日本へ説得をしているようですが、日本を
アジアへ留まらせて金を吸い上げようとする姿が透けて見えますな。
大体日本が嫌いならば日本の脱亜なんかほっときゃいいでしょうに。
韓国と中国がこんな調子ですからね、福沢諭吉もそれを見越しての脱亜論だった
のではないでしょうか?だって120年前と変ってないですもん。それにいつまで
たっても謝罪賠償とタカられたら、意地でもコイツ等の言うアジアから抜けたくなります
がな。
どんなに偉そうな事を言っても、ようは日本から甘い汁を吸い続けようとしか考えて
いないという事です。


それでは、この記事の締めに相応しいあのお方のコメントを紹介しましょう!↓
「靖国批判は中韓だけ」 麻生外相がけん制(共同)

麻生太郎外相は26日午後、金沢市内で講演し、小泉純一郎首相の靖国神社参拝に
よってアジアで日本が孤立しているとの指摘に対し「靖国の話をするのは世界で中国
と韓国だけ。ほかから言われたことはほとんどない」と、中韓両国の批判をけん制した。
その上で「日本が孤立しているとか、好かれていないとか、どうでもいいことは気に
しなくていい」と述べた。また麻生氏は「今は(世界各地で)人種、地域、宗教で
いろんな争いが起きている。日本は一国家、一文明、一文化圏で、そういう国はあまり
ない」とも述べた。



神 降 臨 !

読んだらとにかく押しとくれ!!→人気blogランキング
ついでにコチラもポチっとな〜→ブログランキングranQ
貴方のクリックが私の生き甲斐→週刊ブログランキング

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
朝鮮半島の方々の論法には法則性がありますよね。飛躍論法とでも言うべき…。
モーニングから来ましたからね。中国を正ちゃんが訪問したとき、そのファッションセンスとTPOをわきまえない不変のスタイルがそっち系の新聞サイトに写真付きで出てましたが、そこでは胡錦ちゃんのはそれに比べ洗練されたスーツを着こなしているとか(笑)
飼い主の国が欧米スタイルにシフトしていることに気付いてないのか?つうかいつから人民服からシフトした?と思ったんですが…。
pixy天邪鬼 URL 2005/11/27(Sun)02:39:54 編集
無題
もうこの流れは止まらないんじゃないかな?日本の嫌韓・嫌中意識に火を付けてしまったのは他ならぬ特亜自身。今後の展開が楽しみでんな♪

しかし、麻生外相があそこまでズバズバものを言うキャラだとは知らなかったな・・・・実に頼もしい発言ではあるのだがそのあまりに一徹な姿勢が日本にとって思いもよらぬ論争の火種を生まなければいいのだが・・・・・(どうか特亜以外では慎重にお願いしますね。;^^)
ぴーくん 2005/11/28(Mon)01:21:02 編集
無題
コメントありがとうございます

>> pixy天邪鬼さん

そういえば、本当に中国っていつから人民服を着なくなったのでしょうね?

>>ぴーくんさん
麻生大臣の神発言、早速中央日報日本語サイトで取り上げておりました。w
まあ、特亜にはこれくらいの発言がちょうどいいのではないでしょうか。ただ、ぴーくんさんの指摘通り特亜以外での発言は慎重を重ねていただきたいものですな。
sealteam URL 2005/11/28(Mon)02:10:16 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]