忍者ブログ
カウンター


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ジャパネット!!
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
これなんてどうよ?
自分の身は自分で守りな!
アフェリエイトサイト
買い物はお得に買え!
たまにはお外で・・・
The 九州
旅行は安くが基本!
よ~く考えよう~♪
PCは買うか?作るか?
パソコン工房
マウスコンピューター/G-Tune
デル株式会社
エプソンダイレクト株式会社
今やDVDはネットで借りる時代
アマゾン
ビッダーズ
楽天
楽天で探す
楽天市場
セブンイレブン
セブンアンドワイ セブンドリーム・ドットコム
ググレカス
ブログ内検索
[337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330]  [329]  [328]  [327
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日も変りましたので、早速今日のお題です。↓
植民支配時代の白衣民族抹殺政策示す1930年代の写真を発見

日本による植民支配時代(1910〜1945)、韓民族に白い服を着せないための
キャンペーンが繰り広げられていたことを示す写真が公開された。色付きの服を
着るよう強いて「白衣民族」の精気を抹殺しようとする政策が、写真を通じて確認
されたのは初めて。写真研究家・鄭成吉(チョン・ソンギル、65)氏は、9日「釜山東莱
(プサン・トンレ)地域で1932年ごろ行われた『白い服を脱いで、色付きの服を着よう』
というスローガンのキャンペーンの写真を発見した」と伝えた。写真は、日本人や
親日派、動員された学生とみられる数十人が、「白衣退散」、「色服奨励」(白い服を
脱ぎ、色付きの服を着るよう勧めよう、との意)とのスローガンが記されたものを
掲げて、記念撮影したもの。また、後ろには「色服奨励」と記した旗が見える。
約20年間、朝鮮(1392〜1910)末期の写真を収集し「写真で見た韓国100年史」
を出版した鄭氏は「様々な情況・証言から考えて、この写真は、白衣民族の象徴である
白い服の代わりに、色付きの服を着せるため行った大々的なキャンペーンの風景」
だと説明した。鄭氏は7〜8年前ごろ、名古屋の古本屋で、韓国関連の写真がたくさん
掲載されている「産業奨励」という本の中から、この写真とともに約200枚の写真を
撮影した。


あのう、当時の韓国で白衣民族といったら、庶民や白丁の事ですよね?
その庶民や白丁は白衣しか着られなかったと聞いています。白衣は奴隷階級を
示すものだったのですが。

ってことは、「白衣民族」の精気を抹殺とは日本が韓国の奴隷階級を壊したって事に
なりますよね?

差別開放運動じゃん!
これで日本の「韓国による奴隷制度」解放が 証明されたわけですね。

それにしても、この記事は何なのでしょうね。日本人が朝鮮史を知らないと思って
好き勝手書いてるんでしょうな。こうやって何でもかんでも日本のせいにして反日感情
を煽り、そして無知な日本人を洗脳しているんでしょうな。

また一つ朝鮮の捏造歴史が誕生した。(トリビア風に)

参考資料 http://mikomo.hp.infoseek.co.jp/hanbok1.htm

読んだらポチっと押しとくれ!!→人気blogランキング
ついでにコチラもポチっとな〜→ブログランキングranQ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
白衣の生活はかなり大変だったんですよ。
汚れが目立つ白い服を清潔に保つために、(決してきれいとは言えない汚れた)水を水路からくみ上げたりして洗濯するのですが、女性たちは四六時中洗濯棒をたたき続け、まさに洗濯の奴隷と化していたほどです。

白服廃止は、女性を解放した面もあるでしょう。
白衣の騎士 2005/08/10(Wed)08:18:10 編集
無題
コメントありがとうございます

>>白衣の騎士 さん

>>白服廃止は、女性を解放した面もあるでしょう。

私もその通りだと思います。
文献にも載っていましたしね。

このように、朝鮮の為に色々と近代化を進めて行ったのに
何もかも日本のせいにして反日感情を煽り
謝罪しろ!賠償しろ!ですからね。
sealteam URL 2005/08/10(Wed)23:32:30 編集
無題
本当です、怒りはしませんが悲しくなりますよT^T

巷で流行っている「宮廷女官チャングムの誓い」という韓国ドラマがありますが(しかも結構面白いですが)、主人公チャングムの両親が、とある事情から「白丁」の夫婦としてひっそりと暮らす場面がありました。
最下層の割には、チャングム一家は清結構上等な家に住み、色鮮やかで清潔な服を着ていて、かなり違和感を持ちました。
普通の「白丁」は通りを歩くときでさえ、顔を伏せて歩かなければならない程文字通り激烈な差別を受けていたはずなのに、これはいったい…?かな〜り美化しまくったドラマだと感じました。
だまされてはいけないと思いましたw
白衣の騎士 2005/08/11(Thu)18:29:03 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]