忍者ブログ
カウンター


カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ジャパネット!!
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
これなんてどうよ?
自分の身は自分で守りな!
アフェリエイトサイト
買い物はお得に買え!
たまにはお外で・・・
The 九州
旅行は安くが基本!
よ~く考えよう~♪
PCは買うか?作るか?
パソコン工房
マウスコンピューター/G-Tune
デル株式会社
エプソンダイレクト株式会社
今やDVDはネットで借りる時代
アマゾン
ビッダーズ
楽天
楽天で探す
楽天市場
セブンイレブン
セブンアンドワイ セブンドリーム・ドットコム
ググレカス
ブログ内検索
[344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

宮城県沖の地震、重軽傷59人に・東北新幹線など一時立ち往生

16日午前11時46分ごろ、東北地方などで強い地震があり、宮城県川崎町で震度6弱、
仙台市や石巻市などで震度5強を観測、北海道から四国にかけての広い範囲で揺れを
観測した。警察庁などによると、仙台市内の屋内プールの天井が崩落、26人が負傷する
など4県で59人が重軽傷を負った。東北、山形、秋田新幹線は架線の一部が切断、
不通が続いた。気象庁によると、震源は宮城県沖で震源の深さは42キロ。地震の規模は
マグニチュード(M)7.2と推定される。国内で震度6以上を観測したのは、3月の福岡県
西方沖地震以来。気象庁は午前11時50分、宮城県沿岸に津波注意報を出し、午後零時
12分に石巻市の検潮所で最大約10センチの津波を観測。同注意報は午後1時15分に解除
した。同庁は「これまで繰り返してきたプレート境界型の地震」(関田康雄・地震情報企画官)
と説明。「今後1カ月程度は震度5強程度の余震が起きる恐れがあり、特に今後数日は
警戒すべきだ」と呼びかけている。


突如として東北地方を襲った地震だが、記事にもあるように北海道から四国へと広範囲で
揺れを観測したようだ。しかしニュースを見るかぎり、震度6オーバーの揺れにも係わらず
福岡の西方沖地震よりは被害が小さいようで安心した次第だ。被害に合われた方々へ
謹んでお見舞い申し上げます。

さて、このように突発的におこる地震や自然災害、皆様はどのような対策を取っておられる
のだろうか?私の住居は福岡であり、3、4月と生まれて初めての強震を味わった。
幸い私の家は福岡市から離れている為被害は全く無かったのだが、災害対策を全く施して
いなかった為、これでもし被害が出ていたらと思うとゾッとした。九州は滅多に地震が
起きない為全般的に災害対策の意識が低いようで、私自身も恥ずかしながら無頓着で
あった。3月の地震の後、余震も想定される為急いでリュックへ貴重品や対策品を詰め
込んだのだが、完璧ではなかった。幸い自分の趣味が効を奏し、軍用のヘルメットX2、
ゴーグルX2、アメリカ軍の難燃性フライトジャケットX2、アメリカ空軍パイロット用
サバイバルベスト、ポケットトーチ、ナイフ、もしもの時の護身用としてエアガン(犯罪!?)
そして車の中にはコンバットブーツX2と、夫婦分の危険回避の装備はある程度出来たの
だが、食料、水は全く無かった。現在はある筋から自O隊の缶詰を結構頂いたので対策は
出来ているが。この教訓を受け、当ブログメインページのサイドバーには防災グッズを
紹介している。
そこで、今回は突如として襲い掛かる地震や自然災害の対策グッズと、
あったら便利だろうと思うものを考えてみた。

私の考えで言えば、ハッキリ言って軍用品やアウトドアグッズが最強であろう。が、
軍用品は高価なものが多く、アウトドアグッズはかさばる物が多い。地震等の急な
場面では持って逃げる事は困難であろう。しかし、軍用の大きなリュックは素材もしっかり
している為、是非とも持っておきたいアイテムだ。後々役に立つ筈だ。折をみて購入を検討
されてはどうだろうか。

ちょっと話が反れましたが、まずは基本中の基本、災害セットを紹介しよう         

なまず避難セット 改【防災なまず】
変ったネーミングの災害セット【なまず避難セット 改】だ。

セット内容は画像を押して確かめてほしい。キャスター付きのしっかりとしたリュック付きで、
中にはスリッパや携帯トイレが入っているのが嬉しい。至れり尽くせりの内容だ。

レディース避難セット 改【防災なまず】
そしてこれは女性用の【レディース避難セット 改】だ。

上記の【なまず避難セット 改】に、生理用ナプキン、油取り紙、ブラシ等が入っていると
いう女性に優しい内容となっている。

備えて安心緊急避難セット ファミリー用  【美・楽ゼーション(美容・健康・酸素・サウナ・消臭・防災など話題商品700商品)】

こちらは家族用の【備えて安心緊急避難セット ファミリー用】だ。



続いて食料だ!
缶詰ごはん赤飯(1ケース24缶入) 缶詰ごはん牛めし(1ケース24缶入) 缶詰ごはんとりめし(1ケース24缶入) 缶詰ごはん五目めし(1ケース24缶入)
これに勝るもの無し!と言っても過言では無い。缶ということでかさばってしまうが、旨いし
腹持ちが良い。ご飯だけで物足りず、おかずが欲しい時は市販の缶詰を用意することだ。
そのまま食べる事が出来るが、キャンプ用のコンロやバーナーで湯せんすれば
更に美味い。そして、とどめは・・・
  ↓
安心缶豚汁2号缶820g×12缶(防災用品/非常食)
豚汁です!!災害の時に、こういった汁物があるとないとでは随分違うようで、飲むだけで
落ち着くそうだ。災害時には一番喜ばれるそうだ。

次はツールだ!
災害時にナイフ類があると色々と便利だ。今のサバイバルナイフは、缶切りやドライバー
などが付いており、多機能化して何かと重宝するのだ。
ビクトリノックス スイスチャンプ (1.67 95)レザーマン Charge(チャージ) TiGERBER E.O.D. MULTI TOOL <ガーバー・E.O.D.マルチツール>
左から、言わずと知れた10得ナイフの代名詞、ビクトリノックスだ。これ1本で、ある程度の
作業が出来てしまう。アウトドアや緊急時には欠かせないアイテムだ。
中央は、これも有名なレザーマンだ。チタンボディに、154CM特殊鋼のナイフ、使いやすい
プライヤーと大小16種類のS2スチール材ドライバービットなどを備えたレザーマンの
最高峰ツールだ。
そして右はガーバーだ。アメリカ海軍特殊部隊も使用しているという本格派。
プライヤーのオープン方法は、片手でスイングするだけでプライヤーヘッドが飛び出して
くる。

そして、最後は是非とも皆様に検討していただきたい物だ!

携帯に充電できます!防災手回し充電たまご【JTSショッピングプラザ】
LEDダイナモ・ステーション(ラジオ付き)
上の二つは、大元はラジオ付き懐中電灯だ。こんなものは何処にでも売ってるだろ!
突っ込まれそうだが、この二つは電池が要らないのだ。ボディーに手回しのハンドルが
付いており、それを回す事により充電されていく訳だ。そして最大の売りは、携帯電話を
充電できる事。災害時には携帯が止まって使えねーよって思っている人もいるでしょう。

甘い!
携帯電話には時計が付いている為、時刻が確認できる。カメラ付き携帯であれば、カメラの
ライトがちょっとした懐中電灯になる。そして、災害時には携帯電話は止まるが、公衆電話
は使えるようになっているそうだ。人に連絡取りたいが、電話番号が分からない。多数の人
が、携帯に電話番号をメモリーしていないか?そう、携帯が電話帳代わりになって
くれるのだ。今は携帯にも災害用伝言ダイヤルを各キャリアが設置している為、携帯が
全く使えないという事は無い。災害時では、携帯は使えなさそうで使える立派なツール
なのだ。

大体今まで紹介した物で、災害後時をある程度凌げるのではないであろうか?今の時代、
2、3日すれば大体救援物資が届くようになっているが、本当に届くのか分からないものだ。もし救援物資や救助が遅い場合、自分の身を守るのは自分しかいないことをよく考えて
ほしい。家族を持っている者であれば、家族をも守らなければならないのだ。「備えあれば憂い無し」という言葉がある。事が起きてからじゃ遅いですぞ!

上記で案内した物は、画像をクリックすると内容確認や購入する事ができます。

読んだらポチっと押しとくれ!!→人気blogランキング
ついでにコチラもポチっとな〜→ブログランキングranQ

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
私の住む関西では、阪神淡路大震災を経験しました。あの日の朝の揺れは忘れられません。日頃から災害に対する備えは必要ですね。
worldwalker URL 2005/08/19(Fri)11:20:15 編集
無題
コメントありがとうございます

阪神淡路大震災を体験されてたんですね・・・
私は滅多に地震が起きない九州に住んでますが
今回の地震で日頃から災害に対する備えは必要と痛感いたしました
sealteam URL 2005/08/20(Sat)22:05:31 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]