忍者ブログ
カウンター


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ジャパネット!!
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
これなんてどうよ?
自分の身は自分で守りな!
アフェリエイトサイト
買い物はお得に買え!
たまにはお外で・・・
The 九州
旅行は安くが基本!
よ~く考えよう~♪
PCは買うか?作るか?
パソコン工房
マウスコンピューター/G-Tune
デル株式会社
エプソンダイレクト株式会社
今やDVDはネットで借りる時代
アマゾン
ビッダーズ
楽天
楽天で探す
楽天市場
セブンイレブン
セブンアンドワイ セブンドリーム・ドットコム
ググレカス
ブログ内検索
[247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日発生した韓国漁船逃走事件の結末が出た

読売 対馬沖漁船逃走、日韓が巡視艇撤収で合意

産経 韓国側へ引き渡しで合意 違反認めることなど条件 漁船逃走事件

日経 逃走の漁船、韓国へ引き渡しで合意・違反認める条件で

毎日 韓国漁船:漁業法違反認め、船長身柄は韓国に 日韓合意

朝日 逃走漁船は韓国側へ 違反容疑認めることなど条件に合意

上記は各メディアの記事である。
簡単に説明すると、韓国側は日本側の排他的経済水域(EEZ)を侵犯した事実と、
立ち入り検査を忌避し、日本巡視艇の職員を乗せたまま逃走した事実を認め担保金
50万円の保証書を提出。その代わり、捜査は韓国側が行なうという事での決着だ。

各社の記事を読んでお気付きになられた方もいるかと思う。毎日新聞の記事だ。
「日本の海上保安官が漁船乗組員に暴行したことへの謝罪と漁船の損害賠償2000
万ウオン(約213万円)の要求が合意文に盛り込まれた」と明らかにした。しかし、
7管の桧垣幸策・企画調整官は「まったくのでたらめ。文書でも口頭でもそうした合意
は取り交わしていない。そんなことだったら合意していない」と断言した。(1部引用


えっ?と思われた方もいるであろう。関連する記事はコレだ。↓
韓国漁船:合意文には暴行謝罪と賠償要求も 韓国側発表

思いっきり捏造ですか?それとも韓国内向けか?
よくもこんな厚かましい事が言えるよな。お得意の謝罪と賠償セットかよ。6/2のフジ
テレビ系ニュースで、木村太郎氏が「韓国が相手だと国際的な常識が通用しない」
「日本に対する甘えがすごい」
と発言したとかしなかったとか。

今回の手打ちで、一番歯がゆい思いをしているのは海保であろう。最後まで頑張った
のだが、政治的思惑が働いての手打ちのため、仕方無しの決断だったのでは?
それにしても、政府の弱腰は何とかならんのかと言いたくなる。今回の件で、日本で
違法操業をしても、とにかく韓国側EEZへ逃げ込めば韓国海洋警察庁が守ってくれる
と勘違いした漁船が多数出てきて、密漁を繰り返しそうである。そのためにも海保及び
日本政府には、毅然とした態度で交渉して欲しかったのだが残念だ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
 おじゃま致します。
 結果的にですが、小泉政権はよくやっている、という評価にならないでしょうか(靖国問題を含め)。弱腰とは言え、筋は通した。相手が相手だから、いかんともしがたい面もある気も致します。
 韓国の国内報道を仄聞するにつけ、まだまだだなあ、と笑。言いたくはないが、やはり民度というものは存在する、と思わずにはいられません。
 靖国問題は、その内容如何という問題もあるが、それは置いても、近隣諸国に言われたから止めました、というのでは今後に禍根を残す。その意味で、首相経験者の訳の分からない圧力にも負けず、頑張ってもらいたい。期待を込めて評価したい訳です。
miyatto5 URL 2005/06/03(Fri)19:41:53 編集
無題
コメントありがとうございます

なんだかんだ言っても、小泉首相は何事も上手く交わしているように思えますな。強運というか悪運というか・・・

靖国問題に関しては、ここまで強気で来ているのだから是非とも参拝していただきたいと思います。ここで近隣諸国に屈したら、もう二度と頭が上がらない様に思えてなりません。
sealteam URL 2005/06/03(Fri)22:46:22 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]