忍者ブログ
カウンター


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ジャパネット!!
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
これなんてどうよ?
自分の身は自分で守りな!
アフェリエイトサイト
買い物はお得に買え!
たまにはお外で・・・
The 九州
旅行は安くが基本!
よ~く考えよう~♪
PCは買うか?作るか?
パソコン工房
マウスコンピューター/G-Tune
デル株式会社
エプソンダイレクト株式会社
今やDVDはネットで借りる時代
アマゾン
ビッダーズ
楽天
楽天で探す
楽天市場
セブンイレブン
セブンアンドワイ セブンドリーム・ドットコム
ググレカス
ブログ内検索
[528]  [527]  [526]  [525]  [524]  [523]  [522]  [521]  [520]  [519]  [518
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日のお題はコチラ↓
「グローバルホーク売って下さい」 韓国、米国に再要請へ(朝鮮日報)

韓国国防部は、今月27-28日にワシントンで開かれる韓米安保政策構想(SPI)会議の際、米国側に長距離高高度戦略無人偵察機(UAV)「グローバルホーク」を販売してくれるよう再度要請する計画であることが分かった。
国防部の関係者は10日、「米国は昨年からグローバルホークの販売を拒否しているが、韓国軍が戦時作戦統制権を単独行使するためには、独自の情報収集能力を強化することが大切だ」としながら、「米国側に販売してもらえるよう再度要請するつもり」と話した。
韓国政府は昨年、米国側にグローバルホークの販売を何度も要請してきたものの、米国側は韓米安保協力委員会(SCC)会議などを通じて販売できない旨を明らかにしていた。
米国側は「グローバルホーク」に応用された技術が流出する可能性のあることを主張し、販売を拒否しているものの、日本やオーストラリアなどには販売することを認めている。
国防部は「2006-10年の国防中期計画」を受け、08年ごろから高高度UAV「グローバルホーク」4機を海外から購入するほか、中高度UAV・4機については今年から国内で研究に取り掛かり、2016年ごろをめどに開発を終える予定だ。
グローバルホークは、地上20キロの上空を38-42時間飛行できるほか、最先端のレーダー(SAR)や赤外線探知機などを通じて30センチ大の物体までも識別することができる。
作戦半径が5500キロに達し、日本はもちろん中国のほとんどの地域を偵察できる。価格は5000万ドル前後とされている。同機はアフガニスタン戦争やイラク戦争で使用されている。


別ソース↓
米国が販売拒否した‘グローバルホーク’…国防部が購買を再推進(中央日報)

見出しを見て思わず吹いてしまったのは私だけでしょうか?
ノムヒョン政権下の韓国ではどんなに懇願しても売ってもらえんだろ。中国や北朝鮮に
技術流出したらたまったもんじゃないだろうし。F-16のブラックボックスを開けたという
前科もあるらしいしね。本当に北監視の為に購入するのかも疑わしい。
どうせシェイクダウンはF-15Kと同じように竹島周辺偵察だろうよ。

アメリカの同盟国へのこの処遇、これはもう韓国の日ごろの行いによる賜物でしょ。
自業自得だ。

読んだらとにかく押しとくれ!!→人気blogランキング
ついでにコチラもポチっとな〜→ブログランキングranQ
貴方のクリックが私の生き甲斐→週刊ブログランキング
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
きょうバター犬は、朝鮮日報は中期が同盟♪
きょうバター犬がグローバルは長距離とか使用♪
BlogPetのバター犬 URL 2006/09/14(Thu)16:49:26 編集
無題
>米国側は「グローバルホーク」に応用された技術が流出する可能性のあることを主張し、販売を拒否しているものの、日本やオーストラリアなどには販売することを認めている。

米国は技術流出を懸念している。

>国防部は「2006-10年の国防中期計画」を受け、08年ごろから高高度UAV「グローバルホーク」4機を海外から購入するほか、中高度UAV・4機については今年から国内で研究に取り掛かり、2016年ごろをめどに開発を終える予定だ。

朴李民国は技術をパクルために購入する。

さて、米国は売るでしょうか?
我田引水 2006/09/19(Tue)16:11:50 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]