忍者ブログ
カウンター


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ジャパネット!!
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
これなんてどうよ?
自分の身は自分で守りな!
アフェリエイトサイト
買い物はお得に買え!
たまにはお外で・・・
The 九州
旅行は安くが基本!
よ~く考えよう~♪
PCは買うか?作るか?
パソコン工房
マウスコンピューター/G-Tune
デル株式会社
エプソンダイレクト株式会社
今やDVDはネットで借りる時代
アマゾン
ビッダーズ
楽天
楽天で探す
楽天市場
セブンイレブン
セブンアンドワイ セブンドリーム・ドットコム
ググレカス
ブログ内検索
[331]  [330]  [329]  [328]  [327]  [326]  [325]  [324]  [323]  [322]  [321
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日のお題はコチラ↓
講演:漫画家・石坂啓さん「もはや戦時」 危機感訴え

漫画家で「週刊金曜日」編集委員の石坂啓さん(49)の講演「学校に行かなければ
死ななかった子どもたち」が31日、佐賀市天神のアバンセであり70人が聴き入った。
「子どもたちによりよい教科書を!市民の会」主催。中3の息子がいる石坂さんは、
彼が20歳になるまでに憲法が「改正」されているだろうと“予言”したうえで日本の
危険な針路に言及。「有事法制など、ここ10年で戦争のできる体制が急速に整備
された。反戦の声を上げるだけで逮捕される今は、もはや『戦時』と考えていい」との
認識を示した。さらに、従軍慰安婦や南京大虐殺を過小評価したり、なかったものに
しようとする勢力の動きを「うそでも100回言えば、そんなものかなと世間では通用
してしまう」と教育の恐ろしさを説き、大人たちが作った枠組みに感受性豊かな子ども
たちを押し込めることで生じるゆがみが、学校を息苦しいものにしているのでは
ないかと案じた。


ツッコミ所満載です。まあ、「週刊金正日金曜日」の編集委員ですからね。これくらいの発言は序の口でしょうよ。(週刊金曜日の事は各自でググッてみなされ)

ツッコミ所といえばここでしょうか?↓
従軍慰安婦や南京大虐殺を過小評価したり、なかったものにしようとする勢力の
動きを「うそでも100回言えば、そんなものかなと世間では通用してしまう」と教育の
恐ろしさを説き、・・・


韓国や北朝鮮、中国による「うそでも100回言えば、そんなものかなと世間では通用
してしまう」という洗脳手法に引っかかり、さらには自ら従軍慰安婦や南京大虐殺を
子供に洗脳しようとしていますね。


>>大人たちが作った枠組みに感受性豊かな子どもたちを押し込めることで生じる
ゆがみが、学校を息苦しいものにしているのではないかと案じた。

やってる事はあんた等も同じだよ(笑)
感受性豊かな子ども達に、一方的に自分等の思想を植え付けるなよ。

もう捏造バレバレなんだけどね。>>従軍慰安婦、南京大虐殺

読んだらポチっと押しとくれ!!→人気blogランキング
ついでにコチラもポチっとな〜→ブログランキングranQ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
石坂さんも以前は良い漫画書いていたんですけどね。
何処かで壊れてしまったんですね。
教科書問題は、色々言われますが、今の世の中を作ってしまった教科書より、新しい教科書の方が、まだ世の中が変われそうな気がしますし、まともな認識も産まれると思いますけどね。
被害者?である中国の方達は、大げさに言うのが常って事を理解しないで、色んな話聞き過ぎたんでしょうね。
日本だとどんな事を言っても、どんな漫画書いても生活出来ますけど、同じ様な事をあの国達でやったら生きて行けないんですけど、それを考えてもどこが戦時中と同じか、冷静になってほしいですね。
結構好きな漫画書いてくれていた時期もあるだけに、惜しい気もしますね。
メガヒゲ URL 2005/08/05(Fri)01:20:28 編集
無題
石坂啓はネジがゆるんでいると思う。ご希望なら閉めてあげますが。
キュッ!キュッ!キュッ!キュッ!
worldwalker URL 2005/08/06(Sat)01:16:29 編集
無題
コメントありがとうございます

>>メガヒゲ さん
>>worldwalker さん

もうこれはKやNK(N=ノース=北)Cの国の洗脳の見本でしょう。
sealteam URL 2005/08/06(Sat)02:58:53 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]