忍者ブログ
カウンター


カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ジャパネット!!
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
これなんてどうよ?
自分の身は自分で守りな!
アフェリエイトサイト
買い物はお得に買え!
たまにはお外で・・・
The 九州
旅行は安くが基本!
よ~く考えよう~♪
PCは買うか?作るか?
パソコン工房
マウスコンピューター/G-Tune
デル株式会社
エプソンダイレクト株式会社
今やDVDはネットで借りる時代
アマゾン
ビッダーズ
楽天
楽天で探す
楽天市場
セブンイレブン
セブンアンドワイ セブンドリーム・ドットコム
ググレカス
ブログ内検索
[190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

春らしいネタを見つけたのでどうぞ!↓
姜帝圭監督「中・日の歴史歪曲、韓流ブーム消すため」

映画『太極旗を翻して』(日本タイトル:ブラザーフッド)の 姜帝圭(カン・ジェギュ)監督(43)は2日、韓国南部の馬山(マサン)で、「日本と中国が韓流ブームを消すため
歴史問題などを争点化した可能性がある」と話した。姜監督は同日午前、馬山総合
運動場・体育館で開かれた「姜帝圭映像祝祭」開幕式に出席し、講演と観客との
対話で「韓国映画が飛躍的に成長したがこれからが問題で、日本や中国をしっかり
けん制しなければならない」とし、「中国や日本が独島問題を提起し歴史歪曲を行う
のは、最近大きなブームとなっている『韓流』に対する危機感から出たものだという
分析が説得力を持っている」とこのように述べた。また、「日本は経済的に優位にあり、中国は韓国を支配してきたと思っているが、最近若者と女性を中心に韓流ブームが
起き、政府レベルでも深刻さを感じたはず」と説明した。姜監督は次回作に対する
質問を受け、「韓国戦争や南北の問題などを扱ってみたが、より包括的なテーマを
扱いたいので、災害と関連した映画やSF物を準備している」とし、「映画は英語で制作
されるが、東洋の思想と哲学を盛り込み、韓国スタッフと演技者たちが可能であれば
たくさんハリウッドに参加できるようにしたい」としている。


(;´∀`)・・・いたいなぁ・・・
どこをどうやったらこんな発言が出てくるんでしょうか?なぜ韓流ブームごときで
日本と中国が危機感を覚えなきゃならんのだ?日本人は韓流があろうがなかろうが
竹島は日本の領土だと認識しているし、政府レベルでも危機感なんて持ってね〜よ。
韓流の前から歴史問題はあっただろうに。若者と女性を中心に韓流ブーム?この前
韓国内で、日本のオバチャンパワーを見ただろ?韓流に異常反応してるのは
オバチャンだけだぞ!そもそも、この前の反日デモで韓国人の異常な姿を見て、
日本人はドン引きしてるんだがな。
まあ、これが”ウリナラフィルター”とか”幸福回路”と言うのでしょうね。
ある意味羨ましいな。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
こんばんは。
ここまでの勘違いってイタイですね。

韓流ブームに乗ってる日本人は竹島なんか興味ないですよ。
多分、ドクトとか言っても「なにそれ?」というレベルだと思います。
danomi 2005/05/03(Tue)01:48:40 編集
無題
コメントありがとうございます。

>>韓流ブームに乗ってる日本人は竹島なんか興味ないですよ。

恐らくそうでしょうね。

>>多分、ドクトとか言っても「なにそれ?」というレベルだと思います。
知ってても”竹島なんて韓国にあげちゃえばいいのよ!”なんて
言っちゃいそうな勢いです。
sealteam URL 2005/05/03(Tue)20:13:31 編集
無題
こじつけもいい加減にしてほしい!
姜帝圭監督って綾小路きみまろさんのそっくりさんですよね。
いかにも韓国人という方ですね。
映画監督がこれだから韓国に対して親近感が湧くはずもありません。

きみまろさんに謝罪してほしい!
shifthenkan URL 2005/05/03(Tue)21:35:11 編集
無題
>>shifthenkanさん
こじつけてでもウリナラマンセーするのは
かの国のデフォルトです。生暖かい目で見守りましょう!
sealteam URL 2005/05/03(Tue)22:16:48 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]